耐震改修についての情報を把握しておこう

ある程度年数が経過している住宅等は耐震性が不足している場合があります。この場合、耐震診断をしてもらい、耐震改修を行う必要があります。耐震改修とは現在の建物の耐震性を確認し、不足している部分を現在の耐震基準に沿うよう補強設計を行うことをいいます。例えば、木造住宅の場合は基礎の補強を中心とし、はり、土台、柱などの接合部の補強を行います。柱やはりだけでは地震の力に対応できないので、筋かいや構造用合板で補強された壁を増やしていきます。さらに屋根を軽くして建物に加わる地震の力を軽減させます。重い瓦から軽いストレートの物に変更する事もあります。鉄筋コンクリートの場合は後打ち壁を増設したり、鉄骨枠組を補強したり、逆に重量低減させることもあります。耐震改修工事に必要な費用は建物の構造、規模、回収の程度、図面の有無によって異なって行きます。

耐震改修を行う必要性

日本は災害が多い国です。特に地震に関しては十分に備えておく必要があります。建設物に関しても耐震構造になっているのか、ということもチェックをしておく必要があります。耐震構造なのかどうか、はっきり分からないこともありますし、旧建築法で建設をしている場合には耐震改修を行う必要があります。大きな地震があった場合には建物の崩壊がとても怖いことです。近隣にも迷惑をかけることになるので、耐震改修工事はしっかりと行っておく必要があります。基準をキチンと満たしているのか、まずは検査をしてみるとよいでしょう。チェックをするための専門業者もあるので、依頼をしてみるとよいです。チェックをすると費用もかかってしまいますが、安全のためには必要ですし、特に企業が所有をしている物件であれば信用のためにも耐震対策は行っておく必要があります。

耐震改修ではどのような工事が行われるのか

日本はいつ、どこで地震が起きても不思議ではないと言われています。ですから、住まいに地震の備えをしておくことは、命を守るため、あるいは生活を守るためにとても重要なことです。建物に対する地震の備えにはいくつか種類があります。その中でも耐震は、地震の揺れに耐えられるような構造などを住宅に取り入れる備えです。これは住宅を建てる際に取り入れることもできますが、建てた住宅に対して取り入れることも可能です。建てた住宅に対して耐震構造を取り入れる場合は、耐震改修が必要となります。耐震改修では以下のようなことが行われます。まずは屋根の軽量化です。屋根が重いと地震の揺れは大きくなってしまうため、屋根の素材を軽量化することで揺れを軽減させます。それから壁の補強です。壁が少ない建物や壁に筋かいが入っていない場合は、地震の揺れに建物が耐えることができません。そのため新たに建物内に壁を増やしたり、特殊パネルを利用して壁を補強したりする工事が行われます。その他にも、建物の基礎を補強する工事や、接合部を金物などでしっかりとつなぎ合わせ、固定するような工事が耐震改修では行われます。